沿 革



          
昭和43年10月   宮城県柴田郡大河原町に会社設立、資本金300万円。
  ソニー・マグネ・プロダクツ(株)に納入開始。
昭和51年 4月 資本金3,000万円に増資。
柴田郡村田町針生前に工場用地1,012u取得(現ツキデン(株)村田工場)。
昭和52年 2月 安立電気(現アンリツ(株))へ納入開始。
昭和53年10月 ソニー白石セミコンダクター(株)へ納入開始。
昭和54年 5月 柴田町上名生に工場用地取得5,627u取得。翌年4月、柴田工場新築(860u)。
昭和55年 6月 村田町沼辺に沼辺工場新築(300u)。ハイブリッドIC等マウントの合理化を図る。
昭和57年 4月 大河原町金ヶ瀬に金ヶ瀬工場新築(166u)。
昭和59年 5月 (株)富士通宮城エレクトロニクスへIC後加工作業下請実習開始。
昭和59年 8月 同上(現社名:富士通インテグレーデッドマイクロテクノロジ(株))へ本格的生産開始
(大河原工場)。
昭和61年 4月 コンピュータ・システムプログラム開発面で、東芝エンジニアリング(株)[東京都府中市]と
取引開始
昭和62年12月 雇用保険関係事務の適正により労働大臣より表彰。
昭和63年 8月 本社事務棟改築、2階建ビル延428u
平成 3年 7月 医用(CT・MRI等)コンピュータ・システムプログラム開発面で、東芝医用システムエンジニア
リング(株)[東芝、那須工場]と取引開始
平成 3年 9月 障害者雇用拡大の功績により宮城県障害者雇用促進協会長より表彰。
平成 7年 5月 中国南京市に合弁会社「南京大亜電子有限公司」設立。
平成 8年 7月 ホーチキ(株)と取引開始。
平成 9年 7月 本社東側向い(高砂)第二工場増設(敷地2,297u、建物2階建延1,075u)。
平成10年 8月 創立30周年記念祝賀会。
平成11年11月 「政府管掌健康保険、厚生年金保険」事業発展功績により社会保険庁長官より表彰。
平成12年 3月 通研電気工業(株)とコンピュータシステムプログラム開発業務委託請負開始。
平成12年 5月 (株)仙台ニコンと取引開始。
平成13年 4月 柴田工場ISO9002取得。
平成13年10月 職場衛生管理実績優秀により宮城労働基準協会長より表彰。
平成15年 6月 庄司電気(株)、(株)庄司製作所と共同で中国東莞市に「東莞長安錦廈庄司電子廠」を 設立。
平成15年 9月 医療用具輸入販売業許認可を得ると同時に、小型MRIの輸入販売を開始。






Home