わが町



宮城県 大河原町
 蔵王にその源流を置き、桜花乱れ咲く白石川の清流もその昔は、金
ヶ瀬で分流し、韮上橋附近で合流する荒れ川で,大雨ごとに氾濫蛇行
しつつ大きな河原がつくられ、人々はこの河原を逢河原・合河原などと
呼び、転じて大河原になったと云われます。
 江戸時代には奥州街道の宿場町として、刈田・柴田代官所等の役所
が置かれ、町場としても栄えた。現在も仙南地方の行政・交通・通信の
要衝をなし、バイパスの整備と共に商業圏としての発展もすばらしい。
 明治22年の町村制施行により郡内最初の町制がしかれ、昭和31
年には金ヶ瀬村を吸収合併して今日に至る。
面積24.78平方キロメートル 人口約23,000人  
 



  
 大河原町より柴田町にかけ白石川両岸約4キロにわたる春桜は蔵王を背  
景にまさに一刻一金。  
 この桜並木は大正12年から数年かけ、大河原町出身で当時東京商機新  
聞社々長だった高山開治郎氏が名所作りにと願いをこめて、当時の金で約  
4千円(米1俵10円40銭の時代)で、1,200本の染井吉野を中心  
に堤防工事の竣行にあたり寄贈されたと云われております。 夜空に打ち上げられる豪快な花火。
  ほのかに揺れる堤灯と盆踊りの人の輪。
  夏、ほのぼのと ふるさとのぬくもりが感じられる。





清流白石川はアユ・ハヤ等のつり場で有名。
夏〜秋のシーズンには多くの太公望たちが訪れる。
釣りの季節が終わる頃、遠くシベリアから白鳥たちがやってくる。




Home